BIMのその先を目指してとの連携

日刊建設工業新聞紙上「BIMのその先を目指して」との連携

前連載では「BIMの課題と可能性」と題してBIMの現状を多く紹介しましたが、BIMの普及が急速に進む中で「BIMのその先を目指して」というBIMの次を探る連載を行っています。日刊建設工業新聞の連載「BIMのその先を目指して」に掲載された福井コンピュータアーキテクト関連の記事だけでなく、広く建築のデジタル化の可能性を探っています。

#041「BIMobject Japanの動向」[2018年2月22日]

野原ホールディングス(新宿区)は、BIMデータライブラリー「BIMobject®」を世界的規模で展開するBIMobjectAB(Malmo Sweden)と新会社「BIMobject Japan」を17年12月27日付で設立し国内向けサービスを開始した。BIMの離陸から巡航飛行へ向かうプロセスの中で、本事例のようにBIMに関連するサードパーティー的な動向に注目したい。

#040「VR技術で管理組合員の合意形成」[2018年2月15日]

大京グループの工事分野を手掛ける大京穴吹建設では、マンション改修工事後のイメージを共有し、管理組合の合意形成促進を目的に「VR(バーチャルリアリティー)技術を導入したマンション共用部改修工事提案」を開始すると発表した。前回に引き続き、動向に注目が集まる不動産テック=ReTech(Real Estate Technology)を巡る文脈の中で概説する。

#039「大和ハウス工業の「どこでもストア」[2018年2月8日]

既存の産業領域にICT技術を導入し、撹拌(かくはん)して新たな事業分野を創出する。仮想通貨などで話題沸騰のフィンテック(Financial Technology)、物流革命を起こすロジテック(Logistics Technology)に続き、不動産テック=ReTech(Real Estate Technology)ともいえる動きも顕在化している。大和ハウス工業が実施を公表したVR遠隔接客ブース「どこでもストア」について報告する。

#038「設計図書の電磁的記録と長期保存」[2018年2月1日]

日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)ガイドライン検討会が国土交通省の協力の下、17年12月18日に公開した「建築設計業務における設計図書の電磁的記録による作成と長期保存のガイドライン」について概説する。

#037「住まいをトータルでIoT連携」[2018年1月25日]

AI、IoTと喧しい中、建築生産の外縁に位置する建材メーカーの独自の開発コンセプトに基づく新たな挑戦がスタートした。LIXILでは、家電やデジタル機器だけではなく、玄関ドアや窓シャッターなどの建材までIoT技術でトータルにつなげる住まいのリンクシステムを開発した。

#036「積水ハウスの先駆的BIM最新情報」[2018年1月18日]

「積水ハウスの先駆的BIM」の究極の到達点ともいえる最新情報を入手した。特筆できるのは、独自開発のCADシステム「SIDECS(Sekisuihouse Integrated Design System for Customers Satisfaction)」との連動を実現したことで、これによって邸別ごとに短時間でVR空間を構築できる点だ。三十数年を経て当時、思い描いた「近未来」が実現できたわけだ。

#025「帝国ホテル旧本館をVRで再現」[2017年10月12日]

凸版印刷では、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル旧本館「ライト館」の全容を再現するVR(virtual reality)作品の製作を進めていたが、自由学園明日館で開催された「フランク・ロイド・ライト生誕150年記念シンポジウム」において現在の進ちょく状況を初公開した。

#024「サーモパイル型人感センサー導入事例」[2017年10月05日]

オムロンでは、日建設計、東京電気大学と協働で人の数を高精度で検出するサーモパイル型人感センサーを開発し、東京電気大学の東京千住キャンパス新校舎5号館に約1000台を納入し、運用を開始した。急速に普及が進むIoT(Internet of Things)の建築分野への応用であるIoB(Internet of Buildings)とも呼べる技術領域への広がりとして注目できる。

#023「空調気流シミュレーションの可視化」[2017年9月28日]

新菱冷熱工業では、ソフトウエア開発専業のソフトウェアクレイドル(東京都品川区)と協働で数値流体解析による気流シミュレーション(CFD※)の結果を装着式ホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens(ホロレンズ)」を利用したMR(複合現実)技術によって可視化するシステムを開発した。

#021「大東建託が管理建物設計図書の電子化完了」[2017年9月21日]

大東建託では、経年劣化や災害時の消失リスク低減、保管コスト削減、閲覧対応のスピード化などを促進するために、創業時から保有する全ての設計図書の電子化を進めていたがこのたび完成した。

#014「日立建機の現場向けアプリ」[2017年8月29日]

日立建機(東京都台東区)では、建設業の施工現場における生産性向上や安全性確保を目的にクラウドソリューション「Solution Linkage Cloud」のアプリケーション「Solution Linkage Mobile」を開発した。

#013「日建連BIM専門部会議事録」[2017年8月24日]

日本建設業連合会(日建連)の建築生産委員会IT推進部会BIM専門部会が14年12月に発行した『施工BIMのスタイル-施工段階における元請と専門工事会社の連携手引き2014』。直近に公開された「専門工事業会社のBIM取組みに関する意見交換会の議事録」と施工LOD検討WGがまとめた「施工図のLODとBIM施工図への展開」について概説。

#011「清水建設の次世代型生産システム・3」[2017年8月17日]

柱溶接ロボット「Robo-Welder」は専用の走行台車上にセットしたロボットを所定の位置まで誘導すると、1本の柱に対してロボット2台が対になって作業員不要で完全自動溶接を行う。天井や床材を施工する双腕の多能工ロボット「Robo-Buddy」は、レーザーセンサーとBIMデータの照合で自律的に所在位置を認識して天井・床材を施工する。

#010「清水建設の次世代型生産システム・2」[2017年8月10日]

「シミズ スマート サイト」を30階建て、基準床面積3000平方メートルレベルのビルに適用した場合、省人化の効果(削減率)は、揚重・搬送作業で75%=2500人、天井・床施工で75%=2100人、柱溶接作業で70%=1150人、合計6000人近くになり、省人化効果によって個々の建機・ロボットは2~3現場転用することで減価償却が可能との導入効果も定量的に試算し、公開している。

#009「清水建設の次世代型生産システム・1」[2017年8月8日]

清水建設では、建設工事現場の生産性向上と各種業務の効率化を目的に、BIMを中核とする情報化施工によって、AIやIoTといった最先端技術を搭載した複数の自律型ロボットと人が協働しながら工事を進める次世代型生産システム「シミズ スマート サイト」を構築、18年初頭には関西での高層ビル案件に適用し、ロボット適用の工種においては70%以上の省人化を目指すと発表した。

#008「東急コミュニティーの3D修繕履歴管理・2」[2017年8月3日]

東急コミュニティーがサイトセンシングと共同で開発した既築マンションの3D・修繕履歴管理システム「TC3ARD(ティーシーサード)」の中核機能である「ウォークスルー機能」足場設置シミュレーション」「自動積算」について紹介する。

#007「東急コミュニティーの3D修繕履歴管理・1」[2017年8月1日]

「東急コミュニティーの3D修繕履歴管理・1」[2017年8月1日]  東急コミュニティーがソフトウエア開発会社のサイトセンシングと共同で開発した既築マンションを3次元モデル化し、長期にわたって管理する3D・修繕履歴管理システム「TC3ARD(ティーシーサード)」について報告する。

#004「都市ビッグデータとAIの活用・2」[2017年7月20日]

NTTと日建設計総合研究所(NSRI:東京都千代田区)がAI(Artificial Intelligence:人工知能)を用いて共同研究しているエリア情報活用プラットフォーム「AI×AI(アイアイ)(仮称)」。三井不動産とも協働して日本橋エリアのコレド室町1において先行的に行った実証実験について報告する。

#003「都市ビッグデータとAIの活用・1」[2017年7月18日]

NTTと日建設計総合研究所(NSRI:東京都千代田区)が都市の多種多様なビッグデータをエリアマネジメントに活かすため、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を用いて共同研究しているエリア情報活用プラットフォーム「AI×AI(アイアイ)(仮称)」について報告する。

#002「VRアーキテクツシステム」[2017年7月13日]

比較的、安価に運用でき、効果も見えやすいことなどからVR(Virtual Reality)技術が建築の現業に急速に浸透しつつある。フリーダムアーキテクツデザイン(東京都中央区)がスター・マイカ(東京都港区)の定額制リノベーションプラン「じぶんReno」向けに6月から提供を開始した「VRアーキテクツシステム」を概説する。

#001「動的にメディア化する建物」[2017年7月11日]

「BIMは離陸して巡航高度に達した。まだシートベルトは外せないのだが」との現状認識を基に、社会全般の急速なデジタル化との関わりも探るべく、連載「BIMのその先を目指して-建築のデジタル化の未来を探求」を開始する。第一回目は、動的にメディア化する建物を紹介。

「BIMのその先を目指して」トップページ(最新記事が最上部に掲載)

コラム更新お知らせメールのお申込み

コラムが更新された際にメールでお知らせいたします。
ご希望の方は下記フォームよりお申込みください。