躯体図/躯体積算

躯体を入力するだけで、基礎伏図、各階見下/見上図、断面図等の作成から、躯体積算までを自動処理。

プログラム

RC躯体図

各部材に属性をもたせることで、記号や寸法を自動作図

リストに登録した部材(基礎、柱、梁、スラブなど)を配置するだけで、躯体図を自動作成します。各部材の寸法や通り芯からの追い出し寸法、部材符号などを自動で加筆し、画合わせなどの編集機能も充実しているため、図面作成に要する時間を飛躍的に短縮します。この躯体データが元となり、タイル割付図や仮設計画図などを作成します。

RC躯体積算

RC躯体図をもとに自動積算

RC躯体図をもとに、コンクリート・型枠・鉄筋の数量を建築数量積算基準(建築コスト管理システム研究所発行)に従って積算することができます。打ち放し型枠数量やフカシ部分コンクリート数量も集計され、各部取り合いの差し引きも行われます。

主な機能

伏図と断面図がリアルタイムに連動

躯体を入力するだけで、指定した位置の断面図を自動作成できます。伏図と断面図がリアルタイムに連動しているので、レベルなどを変更した場合は図面間で即反映され作図時間が大幅に短縮します。


拡大

伏図と断面図が連動

斜線制限による
セットバックにも対応

斜線制限にかかる部材を選択し、後退距離を指定するだけで部材をセットバックさせることができます。


拡大

セットバック処理

躯体データから各種図面を

躯体入力が完了すれば、そこから基礎伏図、見上図のほか、杭伏図、見下図、屋上伏図、底盤伏図といった関連図面をすべて自動で作成することができます。また、部材配置と同時に記号および寸法が配置され、記号移動や部材移動などの編集にもストレスを感じません。

合成スラブ、段差スラブに対応

コンクリート+PC板、デッキプレートといった「合成スラブ」や、1枚のスラブに段差を付けた「段差スラブ」に対応しました。段差スラブでは段差部分の補強筋の拾い出しも可能で、よりスムーズな設計、正確に積算することができます。


拡大

段差部分の補強筋も積算可能

増し打ちもワンタッチ

柱や梁に対して増し打ちの設定ができるようになりました。増し打ちにする面を指定して、ワンタッチで入力することも可能です。


拡大

増し打ち部分の補強筋も自動拾い出し

各種チェック機能で作業効率アップ

入力した部材の柱と壁、梁と壁との隙間をチェックする隙間チェック機能や、部材天端のレベルで色分け表示するレベルチェック機能など各種チェック機能が充実。図面作成や確認作業の効率アップに大きく貢献します。


拡大

部材の天端を色分け表示

すばやい積算・集計

躯体データからすばやく積算・集計され、結果は部材別・階別にツリー構造で見やすく表現されます。積算する範囲を部分的に指定することも可能なため、効率良い積算が可能です。


拡大

積算する範囲を指定して効率良く

部材リストのチェックはエクセルで

各部材(柱、梁など)の符号、サイズ、配筋などをCSVファイルに書込み、読込み可能。リスト登録やチェックがExcelで行えるため作業手間を軽減できます。


拡大

部材リストのチェックはエクセルで

積算根拠がひと目でわかる

積算根拠を確認したい部材を選択すれば、関連図面にリンクし、各部材がどのように積算されたかを視覚的(平面、断面、3D)に確認できます。


拡大

積算対象部材の3D・平面表示

鉄筋の数量も正確に積算

部材の配筋情報や鉄筋の定着長さ・余長などから基準通りの拾い出しが可能。鉄筋種類を追加しより精度がアップしました。定着・重ね継手の長さは、「公共建築工事標準仕様書」の仕様で設定されます。

構造データ連携用ファイルST-Bridgeの読込みを実現

BUS-5、SNAP((株)構造システム)などの構造計算ソフトから出力された構造データ「ST‐Bridge」の読込みに対応。躯体や配筋データなどが連携するため、構造データの入力手間が大幅に削減されます。

※ST‐Bridge:一般社団法人buildingSMART Japan構造分科会にて策定されている構造関連アプリケーションの連携用標準フォーマット

IFCの入出力に対応

IFCファイルの入出力に対応しました。IFCファイルを介してJ-BIM 施工図CADでの各種施工図作成や積算、作成したRC躯体図をもとに建築に関わる幅広い異業種との情報共有が可能になります。


J-BIM施工図CAD

IFCファイル
建設業界の各種ソフトウェア・アプリケーション間のデータ共有化と、その相互運用を可能にするため、buildingSMARTによって定義されたファイル形式。

設備専用CAD「CADWe’ll Tfas」((株)ダイテック)などとの連携が可能に

BIM建築設計システム「GLOOBE」との連携

当社のBIM建築設計システム「GLOOBE」と連携可能です。
GLOOBEの建物モデル(躯体)を連携することで、意匠設計から施工図作成、積算までが効率的に行えます。フカシ・増し打ちも連携し更なる連携精度を実現しています。


GLOOBE


J-BIM 施工図CAD