計画図(仮設・土工・支保工)

パースモニタで立体を確認しながらの入力は、平面図では把握しにくい高さ情報も見える。

プログラム

仮設計画図・積算

簡単操作で最適な足場を自動配置

躯体図をもとに建物の外周ラインを平面配置するだけで、外部足場計画図を作成できます。鳥居枠・ブラケット枠・梁枠など必要な部材は登録されており、住宅用ユニットやH枠にも対応しています。

土工計画図・積算

躯体図をもとに、掘削範囲を自動作成

躯体図の基礎階、地下階で入力した躯体データをもとに、土工計画図を作成します。建築数量積算基準(建築コスト管理システム研究所発行)に従って根切数量をワンタッチで積算することができます。

支保工計画図・積算

支保工計算図から構造計算、積算が可能

躯体図をもとに労働基準監督署への届け出(労働安全衛生法88条)に必要な型枠支保工計画図及び構造計算書を作成します。配置された枠組・支柱・支保梁の数量は、積算することができます。

主な機能

足場ユニットを一括配置

読み込んだ躯体図をもとに外壁線及び足場離れ補助線を作成し、外壁ラインを指定するだけで、枠組み足場ユニットを一括で配置します。配置状態はパースモニタで立体的に確認することができます。


拡大

配置状態を立体で確認

豊富な仮設部品

タワークレーンやトラッククレーン、ダンプ車や生コン車、ゲートなどが立体部品として豊富に収録。コンクリート打設計画図や総合仮設計画図の作成に有効です。

階数ごとの積算集計は搬入計画に便利

仮設部材を配置するだけで枠組材や単管はもちろんのこと、単管ジョイントやクランプなどの付属部品なども正確に積算できます。また階数別、面別にも積算可能です。

土工計画図自動処理

建築数量積算基準(建築コスト管理システム研究所発行)にのっとった法付工法(つぼ堀・総堀)および山留工法による根切り図を自動作成できます。

支保工を自動配置

躯体図から型枠支保工部材(根太、大引、支柱等)を自動配置します。工法は、パイプサポートや枠組ユニット併用などに対応。パースモニタで配置状態を立体的に確認することができます。


拡大

パースモニタで立体確認

支保工の構造計算

配置したスラブ型枠支保工や梁底型枠支保工の強度・たわみを検討することができます。計算結果は、計算書としてそのまま印刷可能です。


拡大

配置した支保工で構造計算