データ連携

GLOOBEで実現するJ-BIMソリューションネットワーク

日本仕様のBIMシステムとして、GLOOBEは建築に関わる幅広い異業種との情報共有や質の高いコラボレーション設計の実現を目指しています。IFCファイル*1をはじめとした様々なファイル形式との連携によって、従来慣れ親しんだソフトウェアも活用しながら、GLOOBEとの並行運用で効率的な設計環境を構築できます。FM*2プラットフォームの各ソフトとも連携。BIM-FM の活用で、設計・施工・維持管理のトータルマネジメントを実現します。

下図をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

  • *1 IFCファイル
    建設業界の各種ソフトウェア・アプリケーション間のデータ共有化と、その相互運用を可能にするため、buildingSMARTによって定義されたファイル形式。
  • *2 FM
    ファシリティ・マネジメント(Facility management、またはFacilities Management)の略称。企業・団体などが組織活動のために施設とその環境を総合的に企画・管理・活用する経営活動。
  • *3 ST-Bridge
    一般社団法人buildingSMART Japan構造分科会にて構造データ受け渡し形式として策定されている情報交換のための標準フォーマット。

GLOOBEとデータ連携するソフト

ソフト名・社名 連携概要
TP-PLANNER
(株)コミュニケーションシステム
「TP-PLANNER」で作成した企画設計3DモデルデータをIFC 経由で取込み可能です。連携の実現で、企画設計から、意匠・実施設計、プレゼンテーションまでの一連の業務を効率良く行えます。業界で初めて建具の配置位置やサイズ、種別の連携に対応し、飛躍的な業務省力化を実現しました。
SIRCAD
(株)ソフトウエアセンター
「SIRCAD」からST-Bridge*3の連携により各種一貫構造計算データの躯体や開口などの情報をGLOOBEの意匠データとして利用できるため、設計業務の省力化が図れます。また「SIRCAD」は構造図を作成できることから取込データには小梁や部材の寄り情報も付加され、精度の高い連携を実現しました。
BUS・SNAP
(株)構造システム
「BUS・SNAP」構造解析ソフトからST-Bridgeの出力が可能で計算結果のデータがそのままGLOOBEに連携します。初期段階の検討データからプロジェクト途中の変更データを構造のみ入れ替えも可能になります。GLOOBE(ST-Bridge)→「BUS-6」のインポートも可能です。
Super Build/SS3
ユニオンシステム(株)
「Super Build/SS3」から一貫構造計算データをSIRCAD経由で連携できます。またコンバーターを使うことによりST-Bridgeに変換可能でSS3のデータをそのままGLOOBEに連携することも可能です。これにより初期の仮定断面を設計に反映し効率の良い設計が可能になります。2016年発売された「Super Build/SS7」は多様な建物形状のモデル化が可能で設計シミュレーションの省力化も実現しております。(将来連携予定)
HEΛIOΣ(ヘリオス)
(株)日積サーベイ
「HEΛIOΣ」とIFC 連携が可能。GLOOBE から、IFC経由で建築概算数量の算出はもとより、建築数量積算基準に基づく実施詳細積算まで一連のデータがシームレスに連動。積算精度の向上と大幅な業務効率化が図れます。
TDS建築積算システム
TOMOデータサービス(株)
積算システムとの相互連携による内訳明細書作成が可能です。GLOOBE 建物モデルと部材情報・単価情報の関連付けを行い、コストシミュレーションを容易にします。スピーディかつ精度の高い見積書作成で受注獲得を支援します。
CostNavi Pro
建築ソフト(株)
「CostNavi Pro」との連携により企画段階で作成した単線プランなどのGLOOBEデータから積算が可能。特に初期検討時の概概算などに適しています。
WindPerfectDX
(株)環境シミュレーション
「WindPerfectDX」、「FlowDesigner」の各熱流体解析ソフトとの連携が可能です。GLOOBEデータを利活用して、「見える」環境シミュレーションが行えます。
FlowDesigner
(株)アドバンスドナレッジ研究所
SAVE-建築
SAVE-住宅
HOUS-省エネ
(株)建築ピボット
省エネルギー計算ソフトとIFC連携が可能です。GLOOBEのスペース情報をペリメーターゾーンとして活用できるため、再モデリングが不要となりシームレスに建築物の省エネルギー計算(PAL/CEC 計算、ポイント法/ 簡易ポイント法)が行えます。連携の実現で、建物の基本プラン段階から省エネを考慮した設計が可能です。
CADWe’ll Tfas
(株)ダイテック
設備IFCデータ利用標準に準拠。データ取込み時に設備部材の自動分類が可能に。必要なデータのみをコンバートして、建築CAD/ 設備CAD 間で建物モデルを連携することで建築躯体データを再入力する手間が省け、3次元総合図による建物の完成イメージを共有できます。
J-BIM施工図CAD
福井コンピュータアーキテクト(株)
GLOOBEで作成した建物モデルの躯体は、当社のBIM対応施工図作成システム「J-BIM 施工図CAD」に連携可能です。意匠設計~施工図作成~積算の一連の流れの効率化が図れます。フカシ・増し打ちも連携します。
FM-Refine
FINE-WEBS
(株)FMシステム
FM-Refineとの連携によりGLOOBEデータを活用し中長期修繕計画のシミュレーションが行えます。さらにFINE-WEBSに連携することで施設台帳管理が行え点検など幅広い活用が可能となります。今後もFM連携は増えていく予定です。

※FM連携には、(株)FMシステムの「FM-Refine・FINE-WEBS」とGLOOBEオプションプログラム「FM連携」が必要です。