J-BIMとは

J-BIM 概要

福井コンピュータアーキテクトでは、日本にベストマッチしたBIMを【J-BIM】と名付け、日本式BIMの追及と普及に努めています。
J-BIMは、ワールドワイドなBIMに可能な限り適合させ、それをベースに日本固有のルールや表現を付加したものを目指しています。

J-BIMソリューションネットワーク


日本の特異な業務環境から生まれた問題点

建築基準法という独特な法規のもとで独自の発展を遂げてきた日本の建築業は、同様の生産プロセスを持っているはずの欧米の建築業界と比較しても、各業務分野のスタイルや考え方は異っています。基本設計についてははまだしも、実施設計や構造計算、構造設計、設備設計などの専門性の高い各業務分野になると、日本と欧米では基本的な考え方や作業手法自体が大きく違い、簡単には共通化することができません。実際、こうした各分野では、設備専用CADや構造計算ソフトなど国産の専用ツール類がしばしば高度な進化を遂げ、それらが高いシェアを獲得しているケースも少なくないのです。

こうした特異な環境は日本のBIM運用に大きな問題を生み出しました。BIMの核にある3D建築モデルはBIMツールで作られ、前述の通り各分野の専用CAD等のソリューションで活用されます。しかし、余りに専門特化した各ソリューションは、海外製BIMツールによる3Dモデルデータをそのままでは利用できない場合が少なくなかったのです。言うまでもなく多角的なデータ連携はBIM運用の大前提。これがスムーズにできなくては、BIM自体絵に描いた餅に成りかねません。しかし、実際にはモデルデータを読み込めずに専用コンバータを必要としたり、その度にモデルを作り直すといったことが行われていました。

          

多種多様な他社製ソリューションともダイレクトに連携

純国産のGLOOBEは、こうした日本のBIM状況への1つの解答です。"特異"な日本の環境を前提に開発され、各分野ソリューションとのデータ連携実現に力を注いでいるのです。たとえば「企画/検証」フェーズでは、GLOOBEは敷地データやGoogle Earthデータの等の測量データ、また弊社測量CAD「BLUETREND XA」や土木CAD「EX-TREND武蔵」からSIMAデータを取り込み敷居計画やデザイン検討に活かします。そして地盤算定や各種日影、天空率等チェックを行うのに加え、「WindPerfectDX」や「FlowDesigner」等の他社製品ともダイレクトなデータ連携を確立。熱流体解析や気流解析等の高度なシミュレーションも、設計者自身が気軽に行うことができます。さらに、「TP-PLANNER」で作成された企画設計モデルデータをGLOOBEに取り込み、基本設計へと進めることもできます。

J-BIMソリューションマップ

これら豊富なデータを活かした企画/検証を踏まえ、次にGLOOBEは「基本設計」フェーズで活躍します。配置に平面/立面/断面計画、面積チェック、動線計画。そして「SAVE-建築」による省エネ計算などを経て、素早く3Dモデルを仕上げます。3Dモデルの入出力には、IFC、3DDXF、3DDWGからTrimble SketchUpデータも対応。XVL 、3DSも出力可能です。そこでまず3Dモデルを「P-Style for GLOOBE」で美しいパースに仕上げて「プレゼンテーション」でフル活用。さらにGoogle EarthやSketchUp、Internet Explorer等々に吐き出せば、広範なスタッフへの設計レビューも自由自在に行えるのです。

次に「実施設計」フェーズでは「BUS」などの構造計算データを基に「SIRCAD」で構造設計を行い、そのデータをGLOOBEに取り込むことで、意匠と構造を統合した設計が可能になります。

またBRAIN(TIS(株))などの構造計算ソフトから出力された構造データ「ST-Bridge」の 読込みにも対応。躯体などの情報をGLOOBE の意匠データとして利用することで、設計の初期段階から意匠と構造を統合して検討可能です。

同様に設備CADの「CADWe'll Tfas」との連携により、モデルデータは設備設計にも活用できます。もちろんGLOOBE自身も、仕上げ仕様計画、建具仕様設計、平面詳細図に矩計図等々さまざまな実施設計を進行。Jw_cadやAutoCAD他の2D CADデータの入出力も容易です。最後の「施工」フェーズではもちろん、最新の施工図CAD「J-BIM施工図CAD」との完全連携により高精度な施工図を作成。さらにここでも他社の積算ソフト「HEΛIOΣ」へデータをダイレクトに渡し、高精度な積算が可能になっています。

このようにGLOOBEを核に置いたBIM環境では、その3Dモデルを、建築設計の一連の生産プロセスそれぞれの専用ソリューションでシームレスに活用することが可能となり、そこに圧倒的な生産性と高品質化を実現します。またそうやって付加されたデータを再びモデルに取り込むことで、モデル自体もより高精度な建物データベースとして活用範囲を拡きます。むろんこれらのデータ連携は進化の途上ですが、そこには真に日本の設計環境に最適化されたBIMの理想型……J-BIMの姿がはっきりと見えるはずです。

※ST-Bridge:buildingSMART Japan構造分科会にて構造データ受け渡し形式として策定されている情報交換のための標準フォーマット