BIMとは

BIM 概要

BIM(Building Information Modeling)とは、「壁」や「建具」などの建築情報をもった部材を使って、コンピュータ上に3次元のバーチャルな建築モデルを作成する設計手法です。

建物とそれに関わる多様な情報を「3次元建物モデル」に集約・統合することで、 これを一種の建物データベースとして、企画から設計、施工、維持管理まで建物のライフプロジェクト全体の流れを効率化して、無駄をなくしてコストを下げ、より良い建物を造ろうというのがBIMの狙いです。 サイクル全般で活用できます。

BIMのメリット


その1 見える化

BIMでバーチャルな建築モデルを作ることで、施主~設計者~施工者など、その建築物に関わるすべての人が建築物に対して共通のイメージをもつことができます。そのため、それぞれの立場の担当者間でコミュニケーションが取りやすくなり、より良いコンセンサスが得られる、いわゆる「見える化」の効果が期待できます。


見える化

          

その2 業務効率化

従来の2次元設計の手法では、平面・立面・断面を別々に描くことで図面間に不整合が発生することがありました。どこかで修正があれば、関連するすべての図面に修正を反映しなければなりませんが、修正漏れや間違いが起こる可能性があります。不整合を防ぐために図面をチェックする作業にばかり多くの時間を費やしてしまっては、本来の設計業務に集中できません。BIMを使った設計では全ての図面が1つの建築モデルから自動生成されるので、各図面間の不整合はなくなり、効率的な設計業務に集中することができます。


業務効率化


その3 フロントローディング

従来、実施設計の前後にピークを迎える設計業務を、BIMを用いて設計の上流工程である企画設計や基本設計などの段階に前倒しすることによって、設計から施工・維持管理にいたるプロジェクト全体での品質や性能アップが期待できます。
設計初期の早い段階でBIMの建築モデルを作り込むことで、さまざまなシミュレーションを行い検討課題を早期に解決。実施設計段階での設計変更にともなう無駄なコストや手間を抑えて、より高いレベルでプロジェクトを推進します。


フロントローディング

BIMの導入と運用

目標設定

組織・プロジェクトへの導入目的や到達目標の明確化。

現状の弱点や課題を洗い出し、BIMでどこまで解決できるかを検討。

どのフェーズでどこまで活用するのか、具体的に中長期的なロードマップを策定。

体制作り

BIM推進メンバーを選定。

BIM推進メンバーを中心とした、社内ワーキングや社内啓蒙活動の実施。

環境整備

PCやソフトの選定。

BIMスキル習得のための教育訓練。

試行

実プロジェクトでBIMにチャレンジ。

PDCA(plan-do-check-act)、トライアルアンドエラーの繰り返し。

物件を選定し、BIMで実践。効果を評価し、改善します。

標準化

試行プロジェクトで得られた経験と知識を蓄積し、自社にとって最適なBIMを確立。

自社のLOD策定(Level Of Development、設計の詳細度を表す指標)。

作成したテンプレートや入力方法、マニュアル等の整備。

社内共有することで、設計の効率化、ブラッシュアップをはかります。

BIMの導入と運用